FC2ブログ

doodling

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんへの告知と宣言

また、いけないと知りつつ闘病記を読んでしまった。
壮絶な戦いぶりを読みながら、
果たして自分にはそれだけの覚悟があるのだろうか?
と考えさせられてしまいます。


【前回からのつづき】


上記の「がんと向き合う」「明日の風」を全部読んで、
改めてスキルス胃がんについて考えさせられて
しまいました。

ですので、今回はまじめにスキルス胃がんについて
書きたいと思います。

家族がスキルス胃がんになって、
事例を探している方には厳しい話ですが、
事実を再度確認したいと思います。

楽天的な考えなので、軽い文章を書いては
いますが、スキルス胃がんは基本的に
「完治が難しいがん」に分類されるものです。

理由は簡単で、自覚症状が薄く、
発見された時点で手術が不可能なケースが
5割以上。通常、がんは塊になりますが、
スキルス性のがんはバラバラになって
身体中を飛び回ります。

つまり、手術が仮にできたとしても、
再発の危険性が高いのです。
がん(乳がんを除く)は5年再発しなければ
完治とされますが、
スキルス胃がんの5年生存率は10%~20%。
性質を考えると、その後も全く油断できません。

よく胃を全摘出して、90歳まで生きたよ、とか
話を頻繁に聞きますが、大抵スキルスでは
ありません。通常の胃がんです。
確かに、胃がんは「治るがん」とされていますが、
スキルスは別枠なのです。

ネットで探すスキルス胃がんの事実は
あまりにもつらい現実ばかりです。

スキルス胃がんと告知され、精密検査の前にもし
このブログを見るようなことがあれば、
悪い情報ばかりでは無いよと伝えられると
思ったのです。

ですので、今まで長々と闘病の話しを
書いてきましたが、思いのほか
長くなってしまっているので、
はっきりとここで書きます。

私は胃の2/3がスキルスがんに冒されていましたが、
腹膜への転移はありませんでした。
腫瘍マーカーは出ていません。
また、リンパ節への転移が1つも有りませんでした。
がんが胃の層のなかでギリギリ留まっていました。
ステージは2で、5年生存率は統計上は70~80%です。
そして、術後半年経っていますが、
抗がん剤はやっていません。

以前、自分に対して奇跡という言葉は
使いたくないと書きましたが、
このような状況は奇跡と呼んでも良いのかも
しれません。でも、私たちはただの
ラッキーであったと認識しています。

当初、手術は無理かも(ステージ4)から始まって、
綱渡りの検査の結果、
何とか5年生存率20%程度のステージ3C。
胃と脾臓を取り出して精密検査をしてみれば、
なんと一切転移なしのステージ2。

単に運が良かっただけであって、
それ以上でもそれ以下でもありません。
偶然が重なって今の状況があります。

もちろん、予断を許す状況ではありません。

自らの選択で抗がん剤を使用してません。
(このあたりの理由はまたブログに書きます)
体重は62キロから51キロまで下がっています。
食後の体調不良はつづいています。
明らかに全摘出の影響でQOLは下がっています。

再発の可能性が0になったわけではありませんし、
明日にでも厳しい闘病記になる可能性があります。

半年前は、子供が高校生になるまでは
なんとか生きたいと思っていました。
今は結婚までは見届けたいと思っています。
来年は孫をみたいと思っているかもしれませんし、
小学校を卒業するまでは、となっているかもしれません。

もしも、このブログを読んでいるあなたに、
大切な家族がいるなら、どうしてもかなえたい
目標があるなら、今はがんでは無くても、
できることはあるはずです。
年齢は関係ありません。
年に一回のがん検診、ピロリ菌の除去、
そしてよく観察して、げっぷに異常が無いか、
食事の取り方がおかしくないかを
見てあげられます。

うちの嫁さんのように口うるさく検査に行け
と言える(思える)はずです。
たった数週間の差が、生存率を大きく
変えてしまうのがスキルス胃がんなのです。

あと4年と6ヶ月後、私はここで
「5年生きました」と報告したい。
それが、これから先にスキルス胃がんと告知される
人たちに希望を与えられる唯一のことだと
思っています。


【つづく】


- 5 Comments

HRN  

初めまして。

初めまして、doodlingさん。
HRNといいます。
39歳女性です。
たまたま人気ブログランキングで拝見して、それから毎日拝見させていただいています。
コメントとか書くタイプではないのですが、21日のブログを読んで、筆を取らずにおられなくなりました。

ワタシも昨年、スキルス胃がんと診断されました。
幸い初期段階だったので、腹腔鏡で幽門保存式胃2/3摘出をしました。
告知は昨年1月で、手術は3月に受けたので、早1年が過ぎようとしています。
母がやはりスキルス胃がんで、告知から半年で亡くなってしまった過去があるため、告知を受けたときは目の前が真っ暗になりました。

ワタシの胃がんは、胃内視鏡で見つかりました。
みぞおちの左側になんとなく違和感があったため、受けました。
しかし、手術後もその違和感は消えておらず、主治医曰く、「肋間神経痛」じゃないですか?とのことです。
たまたま肋間神経痛を胃痛と思い受けた胃内視鏡で、まだ直径3cmのスキルス胃がんが見つかりました。これは奇跡だと思っています。
逆に、胃がんを肋間神経痛だと思って放置してしまう人の方が多いのではないでしょうか。
いかにスキルス胃がんは症状がなく、見つけにくいか。
あの時、胃内視鏡を受けていなければ、またそこで見つかっていなかったら、たぶん来年あたりのお正月はなかったのでしょうね。
ぞっとします。

この経験から、あらゆる人に、胃内視鏡検査をすすめている今日この頃です。

ワタシもまだ食後の体調不良に苦しんでいます。
5年完治まで、あと4年。
がん保険にも再加入できないので、再発に不安を感じつつも、人生を考える機会を与えられたことに感謝しています。

勝手に長々と書いてしまいました。無視していただいても結構です。
今まであまり人にこのようなことを言うことはなかったのですが、doodlingさんのブログを読んで共感のあまり。すみません。

転移のなかった奇跡を、心から祝福します。
失礼します。

HRN 


2014/02/21 (Fri) 10:13 | EDIT | REPLY |   

momineko(doodling)  

re:HRNさん

初めましてHRNさん。このブログを書いているmominekoです。

まず何よりも、HRNさんが今もこのようにコメントを
書けるということがすばらしいこと。
私もブログを書けるということだけでもありがたいことです。

世の中にはがん以外の病気もありますし、
がんだって種類は色々。
自分はスキルスの胃がんにしかなったことが無いので、
その経験から一人でも胃がんの早期発見させたいと
思うようになりました。

同じ歳くらいの友人や同僚に検診を勧め続けています。
がん保険も同様です。まるで怪しい勧誘のようです…。

基本的にのーてんきなので、
死について未だに身近に感じられず、
普通の生活を普通にしていますが、
「普通」こそが何にも代えがたいものだと
やっと分かってきました。

人生80年あまりの中で、たかが5年ですが、
がん患者にとっての5年は重みが違います。
HRNさんも見事無事に5年を経過して、
スキルス胃がんサバイバーとして
がん患者の希望の星になってください。

私もそうなるつもりです。

2014/02/21 (Fri) 17:28 | REPLY |   

Arrow  

ブログ全記事読みました

こんばんは。
私もステージ2のスキルス患者ですが、同じようにがんの部位は大きく6×9cm、切除した胃のほとんどにあると思われるという所見でした。
顕微鏡で検査して上部4分の1は残してくれていますが、こんなに癌が大きくてよくリンパ転移なかったなと思います。

でも私も生きる、と思っています。
不安や一度はりついた死の意識は消えることはないけど、それもろとも生きるつもりです。

私もYahoo!でブログを書いています。

色んな方に励まされました。
貰った光を返していけたら、少しでも と思っています。

2014/05/26 (Mon) 22:16 | REPLY |   

mako  

はじめまして

主人がスキルス胃がんです。
厳しい現状、まさに、その通りだと思います。
嘆いても、今が変わるわけではないので、最悪を頭のすみに置きつつ、最善をつくしていきたいと思っています。

まっすぐな姿勢に心を打たれました。

2014/10/17 (Fri) 00:01 | REPLY |   

momineko  

Re: はじめまして

makoさん、コメントありがとうございます。

告知を受けた家族の気持ちは私には分かりません。
でも、家族がいたからここまで耐えることが出来ました。
抗がん剤などで苦しんでいる方と比べれば、お気楽ながん闘病ですが、それでもそれなりに苦しみ、悩みました。
そんなとき、支えてくれた嫁さんや家族の力たるや相当なものです。
旦那さんと一緒に苦しみ、悩み、時には厳しく叱ってあげてください。
それが旦那さんの力になると思います。

2014/10/19 (Sun) 17:06 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。